足の裏に自信あり♪ 足裏角質知らずで一年中足の裏をスベスベに保つ簡単な方法

カテゴリー 「衣」について, おしゃれ

私、足の裏には自信があるんです! 

いつもスベスベです。突然裸足になるのもいつでもOK。どの季節も万全です。

足の裏、サンダルを履く夏しかケアしてないわ~という方もいらっしゃるのでは?

でも基本的かつ簡単な方法で一年中スベスベの足裏をキープできるんです。これが習慣になれば、夏前に慌ててエステにいく必要もありません。


<
スポンサーリンク

 
かくいう私も、かつては足裏の角質に悩まされていました。

上りのエスカレーターに乗ると、混んでいないときにはちょうど人のかかとが 目線の辺りに 来ることってままあるじゃないですか。

夏、オシャレをして素敵なサンダルを履いているのに、足のかかとが白っぽくなっている女性を見かけると、ああ、こうではいけない、とフットケアサロンに通っていたものでした。

いい女こそ見えないところに気を遣うもの。

な~んて、見えるところではイマイチ太刀打ちできない私は、見えない足の裏に妙なこだわりを持つようになってきたものと思われます。

それに正直、冬などの乾燥した季節にタイツやストッキングが足裏のかかとに引っかかる感触って朝から気が滅入るじゃないですか。

足裏ケアに目覚めた私は、ひところは4週間に一度のペースでマメにフットケアサロンに通っていました。

足裏マッサージもしてもらえるし、とっても気持ちいい! 足の爪もきれいな形に整えていただいて、一度通いだすと止められなくなりました。

でも。

こんなに定期的に通っているのに、足のかかとはやっぱり4週間経たないうちにだんだんガサガサになってくるのです。

サロンでは足裏のかかとは、小さいドリルみたいな電気器具で削ってくれるのですが、何度通っても削らないで済んだり今回は少ないな~ってことがない。

あるとき、施術をしてくださっているスタッフの方に「角質って全然なくならないんですね」と質問をしてみたら、「これ角質じゃないんですよ。乾燥しているんです」と教えてくださいました。

へえ~そうなんだ、なんてその場では聞き流していましたが、後からよくよく思い返すと、そうか、乾燥なんだ。じゃ、保湿すればいいんだ。と気付きました。

それ以来、だんだんにフットケアサロンから足が遠のきました。マッサージや爪のケアをするにはもちろんフットケアはおススメです。

ただ、足のかかとをスベスベに保つのは自宅ケアで十分です!

① お風呂で体を洗うときに、スポンジやタオルよりもう少し固いものでかかとをこすります。角質除去用のヤスリでも良いと思いますが、毎日のケアなのでそこまで固いものでなくてもいいかも。私は垢すり用ミトンを使っています。垢すり用ミトンなら足裏のかかとだけでなく、足の甲や膝小僧、肘のケアにも共用できるので便利です。

② お風呂から上がったら、かかとを中心に足裏をしっかり保湿します。高価なクリームである必要はまったくありません。わたしはユースキンAを愛用しています。

【指定医薬部外品】ユースキンA 120g (手荒れ かかと荒れ 保湿クリーム)

↑ Amazon

ユースキンA(120g)【ユースキン】

 

↑ 楽天

朝お風呂に入ったりシャワーを浴びる習慣の方は、ユースキンAだとそのすぐ後タイツやストッキングを履くときにベタベタが気になるかもしれません。そんなときはさらっとした肌触りのユースキンSがおススメです。

薬用ユースキンS クリーム 70g

↑ Amazon

薬用ユースキンS クリーム(70g)【イチオシ】【ユースキンS】

 

↑ 楽天

ユースキンでなくても、お家にあるクリームでも軟膏でも何でも大丈夫です。オロナインでもメンソレータムでも。オリーブオイルやココナッツオイルでもいい感じでケアできます。

することは上記の①②だけ。

これを毎日のバスタイムの習慣にしておけば、一年中足の裏はスベスベなのです。ぜひお試しあれ♪

ちなみに、今お手入れできてなくて足の裏ガサガサ~という場合は、一度サロンでがっつり角質を落としてもらってから、その後自宅ケアを習慣化するのがおススメです。

<
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です