すむじや。計画(2)-飲食業を始めるために、まずは保健所に相談に行った。

カテゴリー 「住」について, すむじや。計画

楽しい妄想だけはふくらんでいくけれど、何から手を付けたらよいものやらさっぱり分からない。

おそらく営業許可が必要だろうと思い、ネットで調べてみると、「事前相談:施設の工事着工前に設計図面をご持参のうえ、事前にご相談ください」とある。

こちらが区のホームページから入手した「新規営業許可の手続きについて」pdf。2018年2月現在のもの。

スムージーメーカーのボトルは多めに用意しておいて、洗浄は適宜2階にあるキッチンで行えばよいと思っていたので、大家さんにお家の図面を借りて早速保健所に行ってみた。

感じの良い女性が窓口に出てきてくれて、ずぶの素人に懇切丁寧な説明をしてくれた。お疲れさまです。

一口に「飲食業」といってもその扱う内容によって「飲食店営業」と「喫茶店営業」に分かれる。スムージーを作って店頭販売するのであれば「喫茶店営業」に該当するそうだ。「飲食店営業」より「喫茶店営業」のほうが小規模になり、必要とされる設備も少なくなる。

やはり思っていたほど甘くなくて、飲食を行う場所は住居とはきっちりと分けなければならず、「ボトルの洗浄は適宜2階で」というのはできないことが分かった。


<
スポンサーリンク

 

新たな設備設置が必要となるのは以下のもの。

  1. 洗浄設備: 原材料、食品や器具を洗うための流水式洗浄設備。45cm(幅)X 36cm(奥行) X 18cm(深さ)以上のもの。「飲食店営業」の場合この洗浄設備が2槽以上必要だが、「喫茶店営業」の場合は1槽以上でよいとのこと。
  2. 従業員専用手洗い設備: 36cm(幅) X 28cm(奥行)以上のもの。手指の消毒装置設置要。
  3. 従業員トイレ用手洗い設備: 大きさは2.に同じ。

がっかりである。そうすると1階に合計3つもの洗浄槽を設けなければならないのだ! スムージー屋を営もうと思っているスペース直径3メートル程度の中に3つも洗い場があるなんて・・・

いきなりあてが外れてしまった。ほとんど設備投資をしないで始められるのではないかと甘い算段をしていたのだ。

一度建築士さんに1階に水周りを設置することができるかどうか見てもらったことがあるのだが、当然ながら上水と下水との両方につながなければならないので、駐車場部分の地面を掘り起こしたり、かなり大掛かりな工事になるかもしれないと言われた。

いったいどれくらいの費用がかかるのだろうか?

甘酒スムージーなんてそもそも薄利多売な稼業。

だいたい工事の見積もりなんてどこにお願いすればいいのだろう。個人で依頼なんかしたら、甘く見られて相手にしてもらえないのではないだろうか。

いきなり雲行きが怪しくなってきたが、たったこれだけで投げ出してはいくら何でも意気地がなさすぎる。

まずは 何とか 工務店さんを探して見積もりをしてもらわなければ。とほほ。

<
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です